国際新堀芸術学院 東京校はクラシックギター・アコースティックギター・エレキギター・エレキベース・ヴォーカル・フルート・ピアノ・指揮等が学べます。

学科・科目

新堀 寛己

学校長・創立者。芸術博士・哲学博士。学校法人新堀学園 専門学校国際新堀芸術学院理事長。
株式会社 新堀ギターアカデミー( 新堀ギター音楽院) 代表取締役会長。
東京・麻布生まれ、杉並で育つ。第二次世界大戦中の小学校時代、平和心を育む音楽普及の重要性
に気づき、合奏団のリーダーとなる。高校時代にオペレッタも上演し、指揮・作曲・編曲だけでなく、
楽器の考案・開発も多く手掛けた。
1957年、「心の糧になる良い音楽を全ての人々へ」の理念のもと、新堀ギター音楽院を創立。
独自に開発した27種のオリジナル楽器で編成されたギターオーケストラは「ニイボリメソード」として
愛好者の輪が広がり、現在27ヵ国で取り入れられている。
1961年から25 年間は国立音楽大学でニイボリメソードが採用され、教鞭を執る。
世界各国からの受章や称号多く(80 回)、国連・軍縮委員会認定のNGO、‘07年にはローマ法王から
表彰を受ける。

落合 洋司

新堀ギター音楽院院長。
新堀ギターアカデミー代表取締役社長。
国際新堀芸術学院卒業。
新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ ギタロン首席奏者として内外の数多いステージを経験。
在学中より頭角を現し、優秀な成績で教室運営を続け、また全日本ギターコンクール合奏部門
に於いて、自らの合奏団を2013年まで5年連続で最優秀賞に導くなど、数々の記録を残す。

石塚 政俊

国際新堀芸術学院東京校主任。作曲家。
日本ギター専門学校卒業。
新堀ギターフィルハーモニーオーケストラコントラバス奏者。
全日本ギターコンクール作曲部門上位入賞の数多くのギターオーケストラ曲を創作。
NRM「長篠」(平和への祈り)は、1995 年ホノルル公演で、日本のオリジナルとし爆発的な反響を呼ぶ。
2003年全日本ギターコンクール指揮部門にて歴代二人目の最優秀賞受賞。

宍戸 悟

大学時代にジャズのビッグバンドに4年間所属してジャズの基礎を学ぶ。
卒業後、バックバンド等の仕事を始める。
1986年に新堀ギター音楽院に講師として就職し、レッスン活動を始める。
1990年から「月刊ハーモニー」のエレキギター講座の執筆を始める。
1994年に新堀ギター音楽院の教本「ロックギター教本」の作曲を担当する。